釣り入門|お手軽釣り講座

講座1 魚の釣り方

small logo
釣り

始めの一歩サビキ釣りを

初心者向けの海釣りとして、まずサビキ釣りから始めましょう。
なぜサビキ釣りかと言うと、色々な釣りの中で初心者にも釣りやすい釣りだからです。
仕掛けも遠くへ投げる必要はありません。ある程度水深のある防波堤で仕掛けを足元へ下すだけです。
虫エサが苦手な方でも大丈夫です。疑似餌とコマセ(集魚)エサだけで釣ります。
難しい合わせも必要なく、竿を適当にゆすっておくとビビビッと魚の方から食いついてきます。
針が何本も付いていますので、魚が集まってくると一度に何匹もつれてしまう楽しい釣りです。

次はちょい投げ釣りを

サビキ釣りで竿やリールの扱いに慣れたら、次は投げ釣りを始めましょう。
投げ釣りは広い砂浜で思いっきり投げることをイメージしてしまいますが、初心者の方は防波堤からの「チョイ投げ」釣りをお勧めします。
ある程度水深のある場所から投げるので遠投せずともシロギスやハゼ、メゴチなどの魚が釣れます。
メゴチの天ぷらはキスよりも美味しいってこと知っていましたか?そうなのですヨ。

その次はブラクリ釣りを

投げ釣りの次はブラクリ釣りも楽しみましょう。
テトラポットや波止めブロックの隙間や岩場の隙間から根魚を狙います。
岩場やテトラポットの穴には30pを超すアイナメやカサゴ(ガシラ)等の大物が潜んでいることがあります。
ブラクリ釣りで近場の大物釣りにチャレンジしてみましょう。

About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2013 Yumec